医療機器は中古買取業者に依頼!年代物でも高値で引き取ってもらえる

歯医者治療道具

中古医療機器を高値で現金化するテクニック

耳鼻科の診療室

新規にクリニックを開業する若手医師が、中古医療機器を買い求めている時期に古い設備を処分するのが、良い条件で現金化をするための基本です。また営業力のある業者は中古医療機器を効率よく販売できるので、古くなったレントゲン機器やCTなどの買取でも、魅力的な条件を示すことが可能です。しかし通常の開業医が好条件で買い取る業者を見つけるのは難しいので、地道に一社ずつ査定を依頼する必要があります。また大量の中古医療機器の買取に強い業者は、病院内の設備をすべて買い替えたいときにも便利です。そして社会の高齢化が進み、健康への意識が高まる中で、開業医が内視鏡などの設備投資に力を入れる傾向も強まっています。そのために専門業者は、製造してから5年以内で状態が良好な中古医療機器を積極的に買い取っています。一方で引退に伴って廃業する予定の診療所の中には、長年使われてきた旧式の検査機器などが数多く残されています。しかし修理などで部品への需要は依然として根強いので、古くて動かない設備でも現金化することは可能です。特に国内外に幅広く販売のネットワークを持つ業者は、10年以上使い続けてきた医療機器も高値で引き取ってくれるのが魅力です。

大切な医療機器の中古品処分は専門知識を持つプロの業者に依頼しよう

誰でも容易に扱うことができる一般消費財はともかくとして、専門性が高く高機能なものが主流の医療機器については、処分するにもそれなりの配慮と手続きが必要です。処分したい中古の医療機器があって、どんな対処をすれば最善なのか分からない場合は、中古医療機器の買取を専門とする業者の手に任せるのがおすすめです。撤去を予定している医療機器の種類やコンディションによっては、買取対象にならない可能性もあるため、まずは専門業者に相談して、買取できるかどうか確かなところを確認するといいでしょう。業者への連絡は電話、メール、ファックスなどを使うことができ、買取対象の医療機器なら、同じ方法で買取金額の査定を依頼することも可能です。中古の医療機器は、相場となる買取価格を知るのが難しく、業者の査定結果が適正なものか、他社と比較してみないことには判断しづらいでしょう。中古医療機器の買取にプロとして携わっている業者はいくつかある上に、査定は無料サービスですので、並行して何社かに査定依頼を出してみましょう。提示金額を比較することで相場感も分かれば、最高値の業者も分かります。買取依頼先を絞り込んだら、あとは業者と相談しながら、医療機器の搬出プランを具体化していくといいでしょう。

中古の医療機器を処分するなら買取業者に依頼するのがおすすめ

病院を移転することになったり閉院することになったために、それまで使っていた医療機器や備品を処分する必要があるという人もいるでしょう。そのようなときには廃棄物として処分をするのではなく、中古医療機器の買取をおこなっている専門業者に依頼するのがおすすめです。というのも廃棄をしてしまえばそれまでですが、中古買取に出すことでお金に換えることができるからです。とはいえ壊れていたり古くなってしまったものがある場合には、対象外なのではないかと思う人もいるかも知れません。しかしこのような買取業者では、壊れてしまったものであっても無料で引き取りが可能です。産業廃棄物として処分をするときにも業者に依頼をすることになりますが、その場合は大抵処分費用がかかります。廃棄をするだけでもお金がかかるのであれば、無料で引き取りが可能な中古の医療機器の買取会社に依頼する方がお得でしょう。人によっては病院や診療所のある場所が地方であるため、利用できないのではないかと思うかも知れません。その点も問題はなく日本全国の地域に対応しているのが特徴です。地方の病院で使わなくなった機器であっても、安心して引き取りを依頼することができます。

そこで、本記事を見られた方にお勧めの業者があります。それは、国内外に販売のネットワークを持っている【株式会社タケメディカル】です。国内では販売していない買取専門業者なので、他社の見積もり価格よりも高く買取できるとのことで評判です。中古の医療機器を買取に出すなら【株式会社タケメディカル】に依頼しましょう。

Update list

TOP